海外旅行の際、特に欧米だとクレジットカードで支払いを行うことが多くなります。また、海外ではホテルに宿泊するときに身分の証明としてクレジットカードが必要になることもありますので、海外旅行に行く際には1枚はクレジットカードを持っておいた方が良いといわれています。しかし、クレジットカードではなく、現金が必要になる場面もあります。用意していた現金が少なくなった場合には慌ててしまいますが、そんなときこそクレジットカードの出番です。
クレジットカードにはキャッシング機能もついているものもあり、そのキャッシング機能は日本国内だけではなく、海外でも利用することが可能になっていることがほとんどです。クレジットカードの種類によってキャッシングに利用できるATMは違ってきますので、旅行に出発する前に度のATMからキャッシングを利用できるのかを把握しておくと便利です。
注意点としては海外で利用することを考えて、事前に海外キャッシングの設定が必要になるケースがあります。これを忘れてしまうと海外でキャッシングを利用することができなくなる可能性もありますので、旅行に出発する前に早めに申し込みを行っておくことが大切です。
クレジットカードの審査は怖くない!基準を知り対策をすればクレカは作れます!
国際ブランドが付帯しているクレジットカードであれば、海外のATMからキャッシングをして現地のお金を入手することも可能です。少ない金額であれば、日本円と現地通貨を交換するよりも、キャッシングの方が時間がかからないですし、盗難の恐れもないでしょう。チップやカード決済ができない場所で飲み物や食べ物を購入するのに役立ちますし、バスや電車の料金を支払うことができます。
海外のATMでキャッシングするには、手持ちのカードの国際ブランドに対応するATMを探しましょう。たいていは、ホテルや銀行、空港などの大規模な公共施設などに設置されています。海外の場合は、治安が悪い所もありますので、できるだけ施設の中にある信頼の置けるATMを利用するように気をつけてください。
ATMの表示は英語や現地語で書かれていますが、具体的な手順は日本国内と同様に、暗証番号を入力してお金を引き出します。金額に応じて利用手数料が変わってきますので、注意してください。ATMの設置場所に入室する際に、入り口でクレジットカードを機械に通さないと操作ができないこともあります。各クレジットカード会社では、海外でキャッシングする際の手順をサイトで公開したり、印刷して携行できる説明書を用意したりしていますので、目を通すといいでしょう。